日本語教師の420時間養成講座

日本語教師 養成講座 420時間

 

日本語教師になるのに『必ず取得しなければならない』という資格はありません。しかし多くの日本語学校では、日本語講師の求人の際に応募資格として求めている基準が3つあります。

 

  1. 大学で日本語教育学を主専攻か副専攻で履修し卒業している
  2. 日本語教師養成講座を420単位時間以上学んで修了している
  3. 日本語教育能力検定試験に合格している

 

この三つのうちのひとつの基準を満たせばよいとされます。もちろん基準を満たす数が多ければ採用の幅は広がるでしょう。

 

中でも重視されるのは『日本語教師養成講座420時間の修了』と『日本語教育能力検定の合格』です。この2つは日本語教師としての実践的なスキルを持っていることの証明でもあり、学校側から見ても信頼度が高いです。

 

420時間コースってどんなもの?

日本語教師養成講座 420時間 とは

 

420単位時間というのは、45分以上の授業を1単位として420単位という意味です。文化庁が日本語教師を養成するための指針が定められており、養成講座の内容を文化庁に届出ることと定められています。

 

通信講座の場合は、同時双方向性が確立した通信機器(SkypeやTV電話・WEB通話)を使って行うものであれば認められます。テキストやDVDだけでは修了したと認められません。

 

養成講座ではどんな事を勉強するの?

 

各スクールとも指針に沿いカリキュラムを組むため、学ぶ内容は幅広くカバーされています。基本的には、

 

社会・文化・地域

『世界と日本』、『異文化接触』、『日本語教育の歴史と現状』

言語と社会

『言語と社会の関係』、『言語使用と社会』、『異文化コミュニケーションと社会』

言語と心理

『言語理解の過程』、『言語習得・発達』、『異文化理解と心理』

言語と教育

『言語教育法・実習』、『異文化教育・コミュニケーション教育』、『言語教育と情報』

言語

『言語の構造一般』、『日本語の構造』、『言語研究』、『コミュニケーション能力』

 

の5つに大別されます。

 

このほか、各スクールで特色を出しているところもあります。例えば実習の時間を豊富に設ける養成講座、海外研修を取り入れる養成講座、日本語教育能力検定試験の対策も同時に行う講座…などあるので、比較してみるのも面白いでしょう。

 

養成講座を選ぶポイント

日本語教師養成講座 420時間 選ぶポイント

 

日本語教師養成講座の420時間カリキュラムは指針は定められていますが、あくまでも政府の公認や文化庁の公認があるわけではありません。つまりカリキュラムそのものの作成は養成学校に任せられています。

 

そのため以下のポイントを判断基準にして、自分に合ったスクールを選ぶと良いでしょう。

 

受講期間はどれくらいか?

420時間=1単位45分×420回という意味です。つまり1日の授業時間でスクールへ通い続ける期間が変わります。短期間で受講を終えるなら、1日の授業時間が多いところを選びましょう。

 

講義・講師の質はどうか?

同じ指針の下にカリキュラムを組むだけに、差が付くのは各スクールの環境です。ただ流すだけの授業を受けることになるのか、実践型の将来役立つ授業を受けられるのか?口コミなどを参考に事前に見極めましょう。

 

検定試験に対応しているか?

日本語教師の求人には420時間修了のほか、日本語教育能力検定試験の合格者を条件としているところが多いです。条件は満たせば満たすほど優遇されやすいです。

 

最後に

日本語教師養成講座 420時間 比較

 

420時間の養成講座は修了すれば必ず日本語教師になれるというものではなく、あくまで日本語教師になるための条件の一つ。

 

そのためスクールを適当に選ぶと、学びたいことが十分に学べないこともあり得ます。いざ現場に立った時しっかり自分の実力として身についているかが重要です。講座の中身はしっかりと比較しましょう。

 

まずは、なるべく多くの養成講座の資料請求をしてみてください。費用や受講期間に目が行きがちですが、大切なのはあなたのためになることが学べるかどうかです!

 

▼日本語教師に関する講座一覧▼

日本語教師 養成講座 420時間 ボタン

 

日本語教師のQ&Aの関連記事

日本語教師の養成講座420時間コース修了って?

日本語教師の養成講座『420時間コース修了』って?

日本語教師の求人の応募条件になっていたりする『養成講座420時間の終了』。勉強したり試験に受かっただけじゃダメなの?

≫詳細ページ

日本語教師の給料や年収はどれくらい?

日本語教師の給料や年収はどれくらい?

給料が安いと言われる日本語教師。実際のところ給料はいくらもらってるの?海外で日本語教師をしたら高収入になる?

≫詳細ページ

日本語教師の仕事って?就職・独立はどう?

日本語教師の1日の仕事は?就職・独立はどう?

日本語教師ってどんなことをするの?1日の授業の流れをご紹介。キャリアアップに独立を検討している人もチェックしてみてくださいね。

≫詳細ページ

日本語教師の海外の求人状況

日本語教師の海外の求人状況

日本語教師が最も輝ける場所・海外。実際のところ求人はある?どの国からの求人が多い?海外の生活で気を付けることは?調べてみました。

≫詳細ページ

 

>> 日本語教師になる方法|日本語教師資格の費用は?  TOP