日本語教師の給料や年収は?

日本語教師 給料 年収

 

訪日外国人数と外国人技能実習生の増加により、連日多くの外国人が日本を訪れます。そのため日本語教師の役割の重要度が注目されていますが、給料や収入は気になるところですよね。

 

まず国内の日本語学校で働いた場合の一例を見てみましょう。

 

非常勤講師の場合

地域によって違いますが、一コマ1時間として平均時給が1,500円〜2,000円程度です。1日数時間働いたとして、月の給料は20万円前後になるでしょう。年収では200万〜300万ぐらいが相場です。

 

非常勤講師の場合は、いくつかの日本語学校を掛け持ちで教えている人もいます。そのため実働時間に応じて給料が変わるため、働いている時間が多い人は当然年収も多くなります。

 

常勤講師の場合

年収にして300万〜400万が相場とされます。大学で日本語教育を主専攻し、修士課程修了者で公的な日本語の専門教育機関で働く場合だと収入もよりよいといえます。

 

就業先が日本語学校とは限らない場合もあります。例えば外国人の労働者を多く抱える企業に専属講師として就職したり、国際交流センターでの仕事もあります。

 

海外で働くと収入はどう変わる?

日本語教師 給料 年収 海外

 

海外の日本語教師で求人が多いのは、東アジアと東南アジア全般です。特に、

 

  • 台湾
  • 香港
  • タイ
  • ベトナム
  • インドネシア

 

では一年を通して求人が出ています。

 

給料の目安では、ベトナムが日本円で6万円〜12万円、バンコクが11万〜16万円です。タイでは、チェンマイなど地方都市になるとバンコクより少し安め。台湾が8万円〜12万円です。

 

年収換算では100万前後〜150万ではありますが、タイやベトナムではおおよそ日本の物価の3分の1なので生活も安心です。台湾が約2分の1です。

 

いずれの国では、一年を通じて温暖なので日本から出発する際に用意する衣類も少なく済みます。また日本人の口に合う料理も多く、親日家が多く暮らしやすいことで知られています。

 

収入は高くはないが…

日本語教師 給料 年収 やりがい

 

日本語教師として国内外で働く場合、常勤より非常勤が多いというのは確かです。外国の採用なら1年〜2年がほとんどで、長くて3年。経験を活かして各国を渡り歩く人もいます。

 

収入は高いと言えませんが、とてもやりがいのある仕事です。

 

  • フレンドリーなタイ
  • 親日家が多いインドネシア
  • 経済発展が著しいベトナム

 

では日本語を習得して日本で経験を積み、帰国後は幹部として働いく人増えています。世界中の人と交流を持ちながら成長を見届けられるのは、日本語教師ならではと言えるでしょう。

 

日本語教育能力合格者など有資格者は仕事を見つけやすく、優遇される場合がほとんどです。日本語教師養成420時間講座を修了している人も採用で有利になります。

 

まずはこれらのスキルを身に付けるために学ぶ講座を見つけてみましょう。複数の講座の資料請求をして比較し、海外研修などが充実しているところを選べば雰囲気も掴みやすいですよ。

 

▼日本語教師に関する講座一覧▼

日本語教師 給料 年収  ボタン

 

日本語教師のQ&Aの関連記事

日本語教師の養成講座420時間コース修了って?

日本語教師の養成講座『420時間コース修了』って?

日本語教師の求人の応募条件になっていたりする『養成講座420時間の終了』。勉強したり試験に受かっただけじゃダメなの?

≫詳細ページ

日本語教師の給料や年収はどれくらい?

日本語教師の給料や年収はどれくらい?

給料が安いと言われる日本語教師。実際のところ給料はいくらもらってるの?海外で日本語教師をしたら高収入になる?

≫詳細ページ

日本語教師の仕事って?就職・独立はどう?

日本語教師の1日の仕事は?就職・独立はどう?

日本語教師ってどんなことをするの?1日の授業の流れをご紹介。キャリアアップに独立を検討している人もチェックしてみてくださいね。

≫詳細ページ

日本語教師の海外の求人状況

日本語教師の海外の求人状況

日本語教師が最も輝ける場所・海外。実際のところ求人はある?どの国からの求人が多い?海外の生活で気を付けることは?調べてみました。

≫詳細ページ

 

>> 日本語教師になる方法|日本語教師資格の費用は?  TOP